生理の際などの体のむくみを改善するラシックス

女性の場合、生理前は体が水を溜め込もうとするため、むくみが起こりやすくなります。

生理が終わればホルモンバランスが安定して自然に回復していきますが、あまりにも症状がひどい場合にはラシックスを使うという方法もあります。

ラシックスは、腎臓の尿細管という部分に直接作用して、水分とナトリウムの再吸収を防ぐ薬です。

これにより尿量が増えることで、むくみをとります。

むくみがとれることで、体重が減るのでダイエット薬として用いられることも多いです。

体がむくんでいるかどうかは、脚のすねを親指で強めに抑えればわかります。

強めに押してしばらくしても戻ってこないようであれば、むくんでいる可能性が高いです。

脚は心臓から最も遠い位置にあるので、水分や血液の滞りによってむくみやすくなります。

この停滞状態も、ラシックスを服用することで改善できます。

むくみとりの目的で使うのであれば、有効成分40mgを1日1回1錠飲むようにします。

むくみが気になるからといって、大量に飲んでしまうのはNGです。

また、飲み続けていると腎臓の働きが弱って、自力で尿を作ることができなくなってしまうこともあります。

その場合は透析が必要になるので、使用には十分注意しましょう。