高血圧や心不全、浮腫の治療薬ラシックス

ラシックスは高血圧症や心不全、浮腫の治療薬です。

薬を服用すると尿量が増えるので、生活に支障が出ない時間帯に飲むのが望ましいです。

夜に飲んでしまうと尿意のせいでなんども起こされて、眠りの質が低下してしまう可能性があります。

ラシックスを飲み続けると、ナトリウムだけではなくカリウムも一緒に出てしまいます。

カリウムが少なくなるとむくみを引き起こしてしまう可能性があるので、カリウム製剤を服用するか、食事で野菜や果物を多く摂取するようにしましょう。

高血圧の人がラシックスを飲むと、急に血圧が下がってめまいを生じることがあります。

運転中などは危ないので、運転前の服用は控えるようにしましょう。

また、薬が効き過ぎると脱水が起きたり血圧が下がりすぎて、めまいや脱力感が強くあらわれることもあります。

他の降圧剤と併用する場合には、十分注意が必要です。

特に高齢者はもともとの体内の水分量が減っているので、脱水には注意です。

もしラシックスを使ってだるさを感じたら、カリウムが不足している可能性が高いです。

また、稀に尿酸値が上がって通風を生じることもあります。

足先に痛みを感じたり、だるさを感じたら病院で血液検査を受けて調べてもらうようにしましょう。