利尿効果で血圧を下げて浮腫を改善する薬ラシックス

おもに高血圧症や、心性・腎性・肝性浮腫などの治療に用いられる医薬品に、「ラシックス」があります。

この「ラシックス」は、フロセミドが主成分になります利尿剤となっています。

血液の中の塩分濃度が高まると、体内の水分が送り込まれて血液の量が増え血圧が上がることになります。

「ラシックス」に含まれています、フロセミドの持つ利尿効果によって、血圧を下げて浮腫を改善することが期待されます。

「ラシックス」は、通常成人にフロセミドとして、1日1回40mg〜80mgを服用することとされています。

症状や年齢にあわせて、医師の判断で適宜増減されますので、必ず服用する用法と用量を守ることが大切になります。

「ラシックス」のもつ利尿効果は、強く現れる場合がありますので、排尿の回数が増えたり、脱水症状や血圧が下がりすぎてしまうことがあるとされています。

他の種類の降圧剤と併用している場合や、高齢の方は特に注意が必要となりますので、医師や薬剤師に現在服用している薬があるなら、しっかりと伝えましょう。

用法や用量を守って、医師の指示に従って服用することで、高血圧症や浮腫を改善することが期待されますので、自己判断をせずに服用しましょう。